次世代に伝えたい!山崎糀屋さんから学ぶ!本物のお味噌づくり!

  次世代に伝えたい!山崎糀屋さんから学ぶ本物の味噌づくり開催しました!  

 

山崎糀屋

 

山崎糀屋糀のまなび舎看板
山崎糀屋糀のまなび舎看板

1月にも開催した、山崎さんの本物のお味噌づくり今年で3年目です❣️

今回は新しい方も多く、発酵食を積極的に取り入れようと、学ぶ姿が印象的でした!

最初に、薪で炊いた大豆の煮汁を飲んで!

手に塗ってー!

「美味しいー!」

「つるつるー!」

わーすごーい!と、歓喜の声♡から始まった講座!  

 

山崎糀で味噌づくり
山崎糀で味噌づくり

 

 

スーパーで売っている味噌と、

昔ながらの味噌との違い!

わかっているようでまた話を聞くと納得するお話

 

 

山崎糀で味噌づくりその3山崎さんよりお話
山崎糀で味噌づくりその3山崎さんよりお話

 

  昔は、各家庭で味噌を作っていました。

3年味噌といってまとめて作って
発酵させ、それを調味料や、毎日のお味噌汁
魚をつけたり、漬物を漬けたり
野菜や魚を保存を高める為にも使っていました。

味噌にはたくさんの糀、酵母菌、酵素、
植物性乳酸菌、大豆イソフラボンでコラーゲン
発酵していくうちに微生物がたくさんついて
どんどん栄養が増します。

 

それだけでも、天然の美容食材、アンチエイジング食材だってわかりますよね。

でも、今は、塩分が気になるからと
減塩味噌を使ってたり、だし入り味噌
スーパーの味噌を買っている方が多いと思います。

本物の味噌はスーパーには
売ってません。

 

自分で作るか、昔ながらの製法で
作られている味噌を買うしかないのです。

 

スーパーで売ってる味噌はパッケージされて
いる時点で、酵素はアルコールで止めているか
(酒精って書いてある)

中堅はまだ表示は書いてありますが、大手は書いてないという事実。


考えてみてください。
発酵し続ける味噌を
フタ、パッケージはできないんです。


本物の味噌は、ビニール袋に入っていて
上はゴムで留めてあります。

味噌は生きてるから
発酵し続けるんです。

 

企業はもちろん知ってて売ってます。

大量生産するためには流通させる為には
いかに安く作り、売るかだから。

 

安い原材料をより安く手に入れるには
驚愕の裏技が(涙)甘いお味噌の秘密。

 

山崎さんが作ってくれたお味噌汁は、
干し子と昆布で出汁をとった豚汁でした。

お野菜も、たくさん入っていて、全部山崎さんの野菜!  

 

「美味しいー」身体が喜ぶ!添加物のないドキドキ

 

 

 

 

私達が、なんにも考えないで、
食事をとったらどのくらい添加物を食べることになるか

 

なんと!1年間で20リットルの
添加物を摂取することに

 

添加物なんて何にでも入ってるし当たり前じゃん

なんて侮ることなかれ


場合によっては血管を傷つけたり
細胞を傷つけたり
全く0なんて無理だし
私ももちろん食べますが

知って減らす努力はできると思うんです。

 

昔は、アトピーやアレルギー、花粉症はなかった
欧米食が日本に入り、より簡単な食事増えています。

 

なんとかのタレ、鍋つゆ、ふりかけetc
買ってきたものの裏を見てみて
添加物がツラツラ書いてありますよね

 

便利の代償で、アレルギーや花粉症になるって
知ったら、怖いですよね。

自分が家族のアレルギーの原因を作ってるとしたら
色々考えさせられる山﨑さんのお話でした!

 

 

 

 

子供達も楽しそうに、お味噌まぜまぜしていてよい思い出になればとおもいます。

帰りには、お空も明るく青空が広がっていてとってもいいお味噌づくりになりました

ありがとうございました😊

山崎さんのお味噌づくりまた、来年も開催いたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL